あまぐり喫茶(年中無休)

管理人の”あまぐり”が日々コーヒーについて勉強していくブログ

電動式コーヒーミルを購入 インスタントコーヒーからの卒業

コーヒーミルの種類と利点

 

管理人のあまぐりです。

 

タイトルのとおり、コーヒーミルを買っちゃいました! 

ということで、買ったコーヒーミルを自慢紹介します。

 

 

ご存じだとは思いますが、コーヒーミルはコーヒー豆を挽く(砕く)機械です。

 

今まで管理人はインスタントコーヒーとして粉のコーヒーを買っていましたが、これで豆を買ってきて、自宅で豆を挽くことができるようになりました。

 

 

 

なんでわざわざ自宅で豆を挽くのか?インスタントコーヒー(粉)との違いは?

 

インスタントコーヒーって、開封して何日かすると匂いとか味が最初のものから変わってきますよね。

匂いや味が変わってしまったコーヒーを飲むのが私は苦手です・・・。

 

匂いや味が変化するのは、湿気や光、空気で酸化されることが原因みたいです。

冷凍庫などの冷暗所に保存すると少し長持ちするみたいですが、結露などの影響も考えると、やはり粉の状態で長い期間美味しい状態で保存することは難しいようです。

 

一方、コーヒーミルが自宅にある場合、飲むときに飲む量だけ豆を挽くことが可能です。

 

豆は粉に比べて保存がきくので、長期間美味しい状態でコーヒーが楽しめます。 

薫りにこだわりたい、美味しいコーヒーを飲みたい!という方は、コーヒーミルを使用するのが良いんじゃないでしょうか。

 

というわけで、話は戻りますが

管理人もコーヒーミルを買いました。

f:id:amaguricafe:20180212220010j:plain f:id:amaguricafe:20180212220107j:plain

 

じゃ~~ん!(自慢紹介)

 

買ったのは

  • メーカー:DeLonghiデロンギ
  • 製品名 :コーン式コーヒーグラインダー
  • 型式番号:KG364J

です。

 

コーヒーミルには電動式のものと、手動式のものと大きく2種類ありますが、管理人は電動式ミルを買いました。

 

電動式を選んだ理由は、一つだけ。手動がめんどくさいから。

※手動式コーヒーミル愛用者の方すみません。

 

手動式の場合、その名の通り手動で豆を挽くので、加減(粗さ?)とか時間・程度が均一になりにくいです。

熟練の方であればある程度均一に挽くことができるのでしょうが、管理人はそれができる自信がありません。

 

一方電動式ミルは、挽き方(粒度)や時間が選択できるようになっています。

下の写真のピアノみたいなマークが粒度の調節できるところ、タイマーみたいなツマミが挽く時間が調節できるところ。これなら誰がやっても均一に豆を挽けます!

f:id:amaguricafe:20180212222009j:plain

 

めっちゃ親切設計!

 

これなら一瞬で豆が挽けるし、めんどくさくない!! 

ということで、電動ミルを選びました。

 

手動式ミルもいろいろ調べてみると、価格がお手頃だったり、挽くときに発生する熱や静電気が電動式のものに比べて少ないという機能的メリットがあるほか、デザインが豊富でインテリア専用のオシャレなミルもあるそうです。

 

電動式・手動式どちらを選ぶかは、やはり個人の趣味嗜好のようです。

 

美味しいコーヒーを淹れたい人はコーヒーミルの購入、是非ご検討を。

 

 

 

管理人も電動式ミルを手に入れたので、そろそろコーヒーを淹れることをしていきたいと思います。

 

 今回はここまでにします。それでは。